teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


与論 沖永良部 徳之島

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)21時14分22秒
返信・引用
  与論の別名「かえふた」の語義語源は未だに不明です。

神奈備さん、何かヒントはないでしょうか?
沖永良部の「せりよさ」もチンプンカンプンです。
「かねの島」は琉球には3島。。。沖縄島は王権の主島ですし、久米島は中国との関係性や米の生産などでうなずけるとしても、何故に徳之島がそう呼ばれていたのか分かりませんね。
薩摩軍との戦闘の功績なのか「カムイ焼土器」の生産地だからなのかも不明です。
 
 

Re: これで最後です。。。

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 6月12日(水)17時18分23秒
返信・引用
  > No.1907[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

> 沖縄島の目と鼻の先、与論島 琉球古語「かえふた」
>

巨大 カルデラ でしょうか。
 

これで最後です。。。

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)16時02分42秒
返信・引用 編集済
  沖縄島の目と鼻の先、与論島 琉球古語「かえふた」

 

くどいようですが。。。

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)15時59分24秒
返信・引用 編集済
  西郷隆盛流刑の地、沖永良部島 琉球古語「せりよさ」
 

さらに。。。

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)15時55分38秒
返信・引用 編集済
  徳之島を通過『おもろさうし』は「かねの島」と記す。  

ついでに。。。

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)15時52分33秒
返信・引用
  画像は、我が文化圏最北端の奄美大島  

無題

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)15時09分25秒
返信・引用 編集済
  神奈備さん、ありがとうございます。

現在、この投稿を阿蘇山上空から送ってます。石川県小松空港ー那覇便です。
上空から望むと瀬戸内海の島の多さに驚きますね。

画像は、愛媛県佐田岬半島(猿田彦のデカイ鼻?)

 

Re: 白山神社

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 6月12日(水)15時00分41秒
返信・引用
  > No.1901[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

> 画像は、同県大野市の白山神社
>
 白山神社は飛騨から伊勢に多く勧請されていったようです。
 大和高原の九頭神社の摂社に白山神社が幾つか鎮座しています。面白い動きをする神様のようです。
 田舎に似合う神社と言えるのかも。
 

白山神社

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月12日(水)13時24分4秒
返信・引用 編集済
  福井県内をドライブしていると権現「白山神社」が多いのに気ずく。
永平寺も素晴らしいんですが、権力との関係で絢爛豪華になっていった神社仏閣や総本宮などよりも、何の変哲もない場所に佇む社にシンパシーを感じますね。
岡本太郎は『沖縄文化論 忘れられた日本』で、何もないことに鮮烈な感動を覚えたと書いています。
福井の山奥の、田んぼの片隅の、たいした印象もない九頭竜川沿いの、そしてありきたりな民家の裏手の素朴な社には、ただただ黙々と神は存在していました。

画像は、同県大野市の白山神社

 

春日姫

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月 9日(日)23時48分31秒
返信・引用 編集済
  神奈備さん、どうもです。

実家には井戸が二ヶ所あって、一ヶ所は20年以上フタし放置した後に埋めてました。
その際にも鏡を埋めたと聞いています。
筒を入れ空気を抜くのは、水脈を温存する為と作業員の方から聞きましたが、技術的にどうなのかはよく分かりません。

ところで。。。長野県諏訪大社に関わる話として、「春日姫が穴に鏡を忘れた」というのがありますね。
その鏡を探しに地底を彷徨い歩いた甲賀三郎は蛇(龍)となる。龍は水の神でもありますね。
地底への入り口が洞穴なのか井戸なのかは、琉球文化圏では大した問題ではなく、鏡が地下水脈にとって重要なのかもしれません。

画像は、井戸から引き上げられる沖縄戦当時の少年
 

Re: 井戸と鏡

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 6月 9日(日)21時12分21秒
返信・引用
  > No.1898[元記事へ]

> 琉球松さんへのお返事です。
>
今夕、古代史の会合があり、聞いてみました。多くの答えはなかったんですが、
1.井戸は埋めてはいけない。
2.もし、埋めるなら、筒を入れて空気抜きとする。
というのがありました。

 

Re: 井戸と鏡

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 6月 6日(木)09時57分36秒
返信・引用
  > No.1897[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

> 本土でも、井戸に鏡を納める習慣あるでしょうか?
> 我が実家の井戸を埋めるさい、ユタの助言で鏡を入れましたよ。
> 長年世話になった井戸の神様への御礼と、怒りを鎮めるためだそうです。
> その埋め戻し作業の日取りも決まってたんですけど、失念しました。
>
> これ、どうなんでしょうかね。
> 井戸の下層は太陽の通り道。。。太陽は西の海底の穴に入り、夜中のうちに地下を通って再び東の海底の穴から再生しますね。

ありごとうございます。
  井戸は他界に通じている穴で、また龍脈に開けられた穴とされています。井戸を手じまいする時のお祓いとしては、敬虔な気持ちで手を合わせるようなことを行うとされています。周辺に塩をまくともされています。沖縄のように鏡を沈めるような風習はなさそうです。井戸を鏡として利用することがありますが、その鏡を沈めるというのは興味深いことですね。
 

井戸と鏡

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 6月 6日(木)09時02分32秒
返信・引用
  本土でも、井戸に鏡を納める習慣あるでしょうか?
我が実家の井戸を埋めるさい、ユタの助言で鏡を入れましたよ。
長年世話になった井戸の神様への御礼と、怒りを鎮めるためだそうです。
その埋め戻し作業の日取りも決まってたんですけど、失念しました。

これ、どうなんでしょうかね。
井戸の下層は太陽の通り道。。。太陽は西の海底の穴に入り、夜中のうちに地下を通って再び東の海底の穴から再生しますね。
 

住吉鳥居

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 5月29日(水)15時28分2秒
返信・引用
  近くに九頭龍川が流れてますから、治水の神々でしょうか。
これらは淡水に限らず海水にも当てはまるでしょうかね。
谷川健一は「スミ(住など)」には潜るの意味があると書いてます。
確かに、現在の琉球語でも(海などに)潜るのを「スーミ」などと言っていて、僕ら50代の者は「シーミー」と言ってますよ。

若狭湾など、日本海側の浦島子とかなんでしょうか。
 

Re: 継体天皇

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 5月29日(水)12時55分57秒
返信・引用
  > No.1894[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

 御祭神は継体天皇と井戸の神々ですね。鳥居は住吉鳥居に見えますが、なぜでしょう。
 

継体天皇

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 5月29日(水)12時08分4秒
返信・引用 編集済
  私用で福井県に来ています。

島より湿度が低く気持ちいいんで、継体天皇所縁の「足羽神社」にお参りしました。
ここは緑多く清々しい空気が流れてますよ。
地方の豪族とされる彼が、どんな経緯で天皇になったのか興味ありですね。
 

Re: クラゲに刺されました

 投稿者:言蛇  投稿日:2019年 4月30日(火)01時20分52秒
返信・引用 編集済
  > No.1871[元記事へ]

自己レスです

「伊豆の海に立つ白波のありつつも継ぎなむものを乱れしめめや(万葉集3360)」
「On the Izu sea,
    White wave is returning then bringing near.
    I'd like to keep being related to you like a wave, too.
    Why did your heart begin to be disordered?( Manyou3360 )」
夜遊びしていれば女に爪をたてられるなんてこともあるからクラゲさんには怒ってないよ、まあこういう時は男持ちだよね。これからはクラゲさんも一緒に問題解決に付き合ってもらえるとうれしいです。
ちなみに言蛇を女の毒で殺したいのなら石川さゆりさんの「天城越え」くらいの歌を自作しないと届かないですよ。今の言蛇は毒電波くらいじゃ強く日に焼かれた程度にしか感じられないから頑張ってWin10を磨いてさゆりさんを目指してほしいので期待しています

https://youtu.be/yvc0LadtZUk

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kotohebi/

 

Re: 洗骨

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 2月 7日(木)20時17分30秒
返信・引用
  > No.1887[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

 古代にあった洗骨の儀式が今でも沖縄の島に残っているのを映画化した作品「洗骨」が大阪でも上映されるようです。

> ガレッジセールのゴリが監督を務めるた映画『洗骨』を観てきました。
>
> 奄美を含む琉球文化圏では終戦直後まで普通に行われていて、離島では今でも継続されています。
> この風習が、仏教の影響で衰退したと思える日本本土と違い、南島の仏教は表面的だったのでしょうか。
> 古代倭国の風習を見るかもしれないこの映画。。。お勧めです。
>
> 画像は、同映画のクライマックスシーンあたり
>
>
 

洗骨

 投稿者:琉球松  投稿日:2019年 2月 5日(火)22時43分23秒
返信・引用 編集済
  ガレッジセールのゴリが監督を務めるた映画『洗骨』を観てきました。

奄美を含む琉球文化圏では終戦直後まで普通に行われていて、離島では今でも継続されています。
この風習が、仏教の影響で衰退したと思える日本本土と違い、南島の仏教は表面的だったのでしょうか。
古代倭国の風習を見るかもしれないこの映画。。。お勧めです。

画像は、同映画のクライマックスシーンあたり

 

メアド

 投稿者:神奈備  投稿日:2019年 1月24日(木)19時23分32秒
返信・引用
   メールが全部消えてしまいました。皆さんのアドレスがわからなくなりました。
中身空白のメールを送ってください。
setoh@post.email.ne.jp
 

大阪都構想

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年12月27日(木)08時40分12秒
返信・引用
   大阪府民兼大阪市民として今回の辞職再選挙報道はばかばかしい限りで、維新政治の終焉を告げることになるでしょう。自治体が自らの政治体制を変えると言う試みに賛成でしたが、ここで挫けてすまうのは残念でなことです。吉村市長がついていながら、松井知事の暴走を抑えきれなかったことでしょう。もう少し府民市民に寄り添って考えてほしいものです。

 

縄文人の遺伝子

 投稿者:琉球松  投稿日:2018年12月26日(水)17時02分25秒
返信・引用 編集済
  神奈備さん、どうもです。

縄文系遺伝子が12%というのは、多いのか少ないのかは微妙ですね。
これは平均値でしょうから、北部九州や山陰地方から遠い北海道や東北地方、奄美沖縄にはもっと多い比率かもしれませんね。

去年でしたか、アイヌの祭りの公演を見る機会があり楽屋裏で雑談したんですが、なんか親戚のような不思議が感じがしました。宮古島の方によく似てるんですよ。
彼らも「沖縄の方ですか?」とよく聞かれるようで、アイヌ犬と琉球犬の遺伝子が近いのも偶然ではないのでしょう。
 

Re: 弥生人のDNA

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年12月26日(水)16時07分58秒
返信・引用 編集済
  > No.1881[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

 縄文人の遺伝子は現在の日本人の遺伝子に12%も混ざっているそうです。
https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html

 >縄文人のそれは意外に少ないとのこと。

 この遺跡では、縄文人の遺伝子が混ざっている人体が1/32ということは、鳥取県「青谷上寺地遺跡」の骨は殆ど渡来人の骨と言えるということですね。

 

弥生人のDNA

 投稿者:琉球松  投稿日:2018年12月26日(水)11時02分51秒
返信・引用 編集済
  先日放送されたNHK『サイエンスZERO/日本人成立の謎』ご覧になったでしょうか。

それによると、現代日本人のDNAは半島や大陸に近く、縄文人のそれは以外に少ないとのこと。
番組では、中国製貨幣や鉄製品が出土する鳥取県「青谷上寺地遺跡」の弥生時代人32体の内31体は大陸系で、縄文系母系遺伝子を持つ者は1体でした。
炭素測定によるこの遺跡の人骨は2世紀頃ですから、いわゆる「倭国の乱」終焉期頃でしょうかね。

画像は、同番組の1シーン
 

Re:次の年号

 投稿者:琉球松  投稿日:2018年12月 3日(月)09時58分44秒
返信・引用 編集済
  カレンダー製作会社に勤める知人は「早めに元号を発表して欲しい」と言ってますね。
こちらでは、西暦、元号の外、旧暦の3つが必要です。神事のほとんどが旧暦ですからね。

かつて尺貫法を廃止してメートルに統一する案が行政審査会で議論になった事がありましたが、文化の保存等の観点で見送られた経緯があります。これを廃止すると「八尋殿」などの感覚が解りずらくなりますね。
年号もまた重要な文化です。時代の画期を理解するためにも必要でしょう
 

次の年号

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年12月 2日(日)20時14分46秒
返信・引用
   日本政府は馬鹿だとは定評のあるところだが、平成の次の年号の発表をもったいぶっている。だからカレンダーメーカーや手帳のメーカーも今後は西暦一本で行くと決めたところが散県される。これでは徐々に和暦に親しむ人が減って来る。天皇によって時代を見る観点がなくなる。  

Re: 三輪山の天皇霊

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年11月29日(木)15時39分1秒
返信・引用
  > No.1877[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

 孝霊天皇と天日矛とが同一かなと。
http://www.kamnavi.jp/uga/ugakourei.htm

> この山が「かんなび」だとすれば、出雲系の神の霊ではないでしょうか?
> 後世の姓で言えば「臣」。。。だとすると神武系と開化は除外されますね。
> 三輪山伝説にも登場する「百襲姫」の父孝霊か崇神天皇ではないかと想像しています。
 

三輪山の天皇霊

 投稿者:琉球松  投稿日:2018年11月28日(水)13時50分25秒
返信・引用 編集済
  この山が「かんなび」だとすれば、出雲系の神の霊ではないでしょうか?
後世の姓で言えば「臣」。。。だとすると神武系と開化は除外されますね。
三輪山伝説にも登場する「百襲姫」の父孝霊か崇神天皇ではないかと想像しています。
 

Re: むくろが谷

 投稿者:神奈備  投稿日:2018年11月26日(月)17時39分6秒
返信・引用
  > No.1874[元記事へ]

琉球松さんへのお返事です。

 こんにちは。
 『敏達紀』に三輪山に天皇霊が宿っているとの記述があります。谷川健一氏はこの記事とむくろが谷を結び付けて考えておられました。どの天皇とは書いていません。

>
 

Re:むくろが谷

 投稿者:琉球松  投稿日:2018年11月26日(月)15時40分29秒
返信・引用
  神奈備さん、ご無沙汰してます。
北の地では雪のようですが、こちらはまだ冷房使用中です。

「むくろが谷」。。。これって風葬跡ではないかとされてますね。
三輪山の禁足地が墓域だったとすれば、琉球文化圏の風習にも繋がります。
こちらでは那覇近郊でさえ今だに風葬の跡があって、公共工事などで移葬されない限りずっとそのままかもしれません。

画像は、“むろ” を利用した風葬跡(沖縄島北部)
 

レンタル掲示板
/34