teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


物質の質量(重さ)

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 8月 3日(月)09時23分16秒
返信・引用
  物質の質量(重さ)
 物質で最も早く飛ぶのは光です。これより速く飛ぶ物質はありません。光の重さはゼロとされています。物質に質量を与えているものはヒッグス粒子です。空間にはヒッグス粒子がギッシリと満ちており、その間をぬって物質が移動します。光は抵抗を受けずに移動できますが、陽子などはあっちに当たりこっちに当たりとなかなか前へ進めません。遅いのです。これを質量が大きい、重い、という事です。
 質量は人気と同じようなものです。人気の高いタレントが歩いておりますと、ファンが沢山寄ってきて握手やサインを求められ、なかなか進めません。一方、普通の人は寄って来る人も少なくまたはいないので、さっさと進めます。場所によっては客引きがつきまといますが。
 
 

不信仰

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 8月 2日(日)08時33分13秒
返信・引用
  不信仰は人間に先天的な付属物です。何故なら、人間は理智を何よりも高きものと考えているからです。だから死後の生命がさらに高いものとは信じていない。  

鉤 かぎ

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 8月 1日(土)12時56分12秒
返信・引用
  闇の中から鉤が出てきて、一人の男をつりあげ、消え去ったとすれば、それは権力が働いたのである。中国の人権派弁護士が消えているそうである。  

自分を発見

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月31日(金)10時06分19秒
返信・引用
  偶然置かれた時と場所と肉体のなかで、自身は自身も予期せぬ何者かになっている。社会・国家・家族・友人・職業を自分でも驚くほど、枠を超えることなく、無意識に安住している自分を発見する。  

朝永娠一郎

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月30日(木)08時24分41秒
返信・引用
  朝永娠一郎
 池に小石を投げ込むとそこから波が輪になって大きくなっていき、やがて岸について消えてしまいます。小石の形、回転、水への入り方など色んな状態が考えられます。初期条件とか境界条件と言います。池の輪になった波の場合、初期条件に関わらず、同じように波が輪になって進みます。物理学で計算をしていきますと、答えが無限大になってしまうことが起こり、そこで行き詰ってしまいます。朝永博士は、このような場合、初期条件を横に置いておいて、問題を解く、乃ち波の輪を見つけることで、無限大問題を乗り越える方法を提案しました。「繰りこみ」理論といいます。1965年にノーベル賞を受賞しました。
 

湯川秀樹

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月27日(月)08時30分47秒
返信・引用
  湯川秀樹
 原子は原子核の周りを電子が廻っています。原子核は、陽子と中性子が幾つかあり、その周りを電子が回って原子が出来ています。陽子はプラスの電荷を帯びていますが、中性子は電気的に中性です。陽子と中性子がラバラにならずに、それが原子核としてとどまっているのはなぜか、と言う疑問を解決したのが湯川博士の中間子理論でした。
 糊の役割をする力も素粒子であったと言う発見は、素粒子物理学が、大きい広がりと深みを与えることが出来ました。
 1947年に宇宙線の中からπ中間子が発見され、湯川理論が裏付けられ、2年後にノーベル賞を受賞されました。
素粒子の世界でも「子はかすがい」があるんですね。
 

最大不幸者

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月24日(金)09時03分45秒
返信・引用
  イギリスに一つの平凡な墓があった。募銘が「最大不幸者」と刻まれていた。風変わりな墓なので、あばいてみたら、中には遺骸のかけらすらなかった。これが不思議なことなのか、あばいたことが不思議なのか。 byY.H  

スプートニク

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月21日(火)07時59分27秒
返信・引用
  スプートニク
中学2年の時、徳島に住んでいて、ソ連が打ち上げた世界発の人工衛星スプートニクが夕空を点滅しながら飛んだのを見た覚えがあります。荘厳な感じを受けた印象が残っています。最近は眼も悪くして夕空を眺める機会が減りました。目の良い人が眺めたらおそらくは数個では止まらない光が見えることでしょう。
最初の人工衛星を夜空で見た人は、二つの光が同時に飛んでいるのを目撃したようだ。それは人工衛星とそれを打ち上げるためのロケットが衛星を分離したまま後を追っていたそうです。
 

空間の曲がり

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月18日(土)08時27分26秒
返信・引用
  空間の曲がり
 皆既日食の日、太陽の真後ろにあり、見えないはずの恒星(ヒアデス星団 釣鐘星 150光年)が写真に写っていました。これは太陽の近辺の空間がレンスの働きをして光を曲げているからです。空間の曲がりというのは我々にはイメージしにくいのですが、平面で考えますと、昔の吊った蚊帳(かや)の上にボールを投げると、ボールを底にするように蚊帳がへこみます。これが曲がりで、太陽の付近で起こっているのです。空間の曲がりはアインシュタインが予言し、日食で実証されました。1919年のことです。これでアインシュタインは現在の映画スター並みの人気者になりました。
 

熱平衡

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月15日(水)08時22分28秒
返信・引用
   熱平衡でないということは、熱エネルギーに偏りがあること。例えば、太陽が真正面から当たる赤道付近と北極南極のように斜めからしか日が当たらない(季節によっては全然当たらない)場所では、気温や海水温度に大きい差ができます。自然はこのように均衡が崩れていると平均にする力が働きます。エントロピーの最大化です。あいまいさを増やすことです。熱いお湯と冷たい水を混ぜるとぬるま湯ができることです。ぬるま湯は熱水と冷水に自然にはわかれません。
 地球上でも熱分布を平衡にするため、熱帯からは台風がエネルギーを北や南に運びます。巨大な熱機関です。また寒波が襲ってくるのもその裏返しといえそうです。
 

加速膨張

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月12日(日)09時06分49秒
返信・引用
  加速膨張
宇宙は物質の重力によって最後は一点に縮んでしまうと思われていました。所が、現在も宇宙は加速膨張を続けていることがわかりました。遠い銀河ほどより高速で離れていっており、その速度が年々増しているからです。これはダークエネルギーが斥力(重力の反対の力)を働かしていて、その内(1000億年より遠い将来)宇宙は引きちぎられてしまい、霧散してしまうと考えられていました。
最近、日本の物理学者の大栗博司博士は、ダークエネルギーの斥力は減少していき、やがて膨張は止まるとの説をだされました。そうしますと、多くの物質の重力が宇宙を一点に縮めてしまうかもしれません。
 

オールトの雲

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月 9日(木)08時28分51秒
返信・引用
  オールトの雲
 太陽から0.2~1,6光年ほどの距離にオールトの雲と呼ばれる殻のようなものが想定されています。太陽系に落ちてくる小惑星や彗星のたまり場になっています。全部で1兆個ほどあるとされています。この中の大きい星が地球に命中すれば、大災害が起こります。生命が一掃されてしまうかも知れません。恐竜の絶滅もその一つです。地球の岩石などを調べると3500万年に一度のペースで大災害が起こっているようです。リサランドール博士によりますと、銀河系を取り巻いたダークマターの揺らぎがオールトの雲を刺激して星を落とすと推測されています。
 

重力波の検出

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月 6日(月)08時30分43秒
返信・引用
  重力波の検出
2020年6月26、太陽質量の23倍と2.6倍という高密度天体の合体による重力波が検出されました。後者の質量は中性子星にもブラックホールにも当てはまらず、不思議な正体として注目されています。質量が太陽の2.5~5倍の範囲は、中性子星は理論的に存在できず、ブラックホールも観測されない「空白域」になっています。研究者はこの領域をコンパクト天体の「質量ギャップ」と呼んでいます。
 残念なのは、日本の重力波観測の飛騨の神岡鉱山のKAGRA(総工費は155億円)が2020年2月25日より観測を開始しておるにも関わらず、検出できませんでした。米穀とヨ^ロッパは観測に成功しました。臨時のメンテなどで休止していたのなら、やもうえませんが、感度が悪く観測できなかった場合、抜本的に見直す必要を感じます。
 

地球の水

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 7月 5日(日)12時05分25秒
返信・引用
  地球の水
地球は適度な重力があり、水蒸気を宇宙に逃がしません。火星は重力が9分の1などで水が留ま地球の水りません。氷としては存在できます。
地球も出来た時は岩石が集まって猛烈な温度になっており、水分は飛んでしまっていたかも知れません。地球がある程度の大きさになった際は、熱くて水蒸気になっても留まったのでしょう。しかし地球の水は豊富ですから、水を持った彗星が地球に衝突して水を置いて行ってぃれたのでしょう。宇宙には水素や酸素が多くあり、水が沢山あっても不思議ではありません。彗星の水の同位体の比率が地球の水に似通っており、ルーツは彗星と思われます。
 なお、宇宙にはアルコールも沢山分布しており、その辺りをロケットが飛べば、酔っぱらうかもしれませんね、
 

天の川銀河

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月30日(火)08時19分41秒
返信・引用
  私達の天の川銀河から250万光年の距離に同じく渦巻銀河であるアンドロメダ銀河があります。天の川は直径10光年、アンドロメダは約25万光年で、兄貴分の大きさです。
この二つの銀河は秒速122kmで互いに近付いており、やがて衝突することになります。40億年後に衝突し、行き過ぎたり戻ったりして、100億年かけて一つの楕円銀河になります。
 我々の太陽はどのようになるのかは予測できませんが、一度、天の川銀河から放り出されてアンドロメダに組み入れられるかも知れません。なお、太陽の寿命は後45億年~65億年程度と推定されており、銀河の衝突の最中に様子が変わってしまいそうです。
 人類は別の太陽を見つけて引っ越しをしておかないと、巻き込まれてしまうかも知れません。画像は37。5億年後に見える景色。
 

天の川銀河

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月27日(土)08時01分0秒
返信・引用
  天の川銀河
我々の居る天の川銀河の最も古い星は132億年前に誕生していることが判りました。銀河は宇宙誕生の6億年後にできたことになります。
さて、100億年前、原始の天の川銀河は「ガイア―エンケラドス」と呼ばれる小さな銀河と衝突しました。現在、天の川銀河の中に散らばる異質な青い恒星の集団は、吸収された小銀河の名残をとどめています。
また、最近銀河面に垂直なうすい円盤状の星団が見つかっています。これも銀河の衝突の残骸と思われます。このように見てくると、銀河系の円盤のまわりに20本以上たなびいている星々の帯や、奇妙な運動をする恒星が見つかっており、我々の天の川銀河は貪欲に他の銀河を飲み込んできています。
 

M理論

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月24日(水)08時56分0秒
返信・引用
   10次元の超ひも理論は、我々が認識できる4次元時空(3次元空間と時間)の中に見えない6次元が隠れているとの認識です。この6次元はカラビヤウ多様体と呼ばれています。
 ひも とは、振動するエネルギーのようなもので実態はありません。長さは一億分の一の一億分の一の一億分の一の一千万分の一程度だそうです。重力を伝える重力子は輪ゴムのような形状、です。他のひもひもはまさにひも状だと考えられています。ひも理論は万物の理論と呼ばれています。
 1995年、ウイッテンが5つもあった超ひも理論をを統一し、M理論として、11次元の空間を提唱しています。
 

巨大小惑星、115年後に地球衝突

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月21日(日)08時34分9秒
返信・引用
  巨大小惑星、115年後に地球衝突も NASAの対策とは

 米航空宇宙局は、直径500メートルを超す巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月22日に地球に衝突する可能性があると発表した。衝突の可能性は低いものの、衝突した場合の威力は、米国が現在配備している核弾道ミサイル群に匹敵するとしている。
6500万年前にユカタン半島を直撃した直径約16キロの隕石は、恐竜を絶滅させ、全長約150キロのクレーターを残した。
 小惑星は、予想される衝突の何年も前であれば、小さな力を加えるだけで、簡単に軌道を変えることができる。一方、直前に介入しようとすれば多大な威力が必要になり、衝突が避けられない事態にもなりかねない。そうした事態を想定して、NASAは「惑星防衛調整局」を設置している。トップの肩書は「惑星防衛責任者」。同局はHAMMERのような衝突回避策について研究するほか、地球に接近する恐れがある小惑星の軌道研究も担う。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116569.html
 

ホーキング博士納得

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月18日(木)08時53分25秒
返信・引用
  ホーキング博士納得
 ブラックホールは物質が集まり、その重さで内部へ潰れて行った星をいいます。物質がカチンカチンに固まっている状態です。動きが取れないと思われます。所がブラックホールは熱をもっているのです。これは何故か、これがホーキングの出した課題でした。
 これへの答えが、ひも理論からでました。それは、多くのひもがブラックホールの底にあつまり、ヒモが重なってベルトのような状態になり、カラビヤウ多様体の中をすごいスピードで動き回る。これで熱が発生しているとの答えでした。博士は納得されたそうです。
 

ひも理論 次元の話

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月15日(月)08時39分15秒
返信・引用
  ひも理論 次元の話
 ひも理論は9次元の空間プラス時間を想定しています。
普通の線―綱渡りのロープを考えますと、渡っている人は前後にしか動けません。この状態を一次元と言います。この綱の上に蟻がいたら、ロープを一回転できます。前後と回転で、二次元です。さらに、ウイルスが飛んできて綱につきました。ウイルスは綱の中へ入っていきます。これで3次元となりました・
 X軸 Y軸 Z軸とそれぞれの直線が一点で交わりました。それぞれ2次元を隠し持っているので、交点では6次元隠れています。この6次元空間はカラビヤウ多様体としています。
 

キュウリカエル

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月14日(日)11時57分14秒
返信・引用
  とある料理人の作です。料理も本当においしかった。
 

ダークマタ2

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月12日(金)08時24分52秒
返信・引用
  ダークマタ2
 ところが、地球から6500万光年の彼方にある銀河を詳細に観測したところ、かなり小さな速度で運動していることを判りました。この速度からこの銀河の重さを計算すると、太陽の約3億4000万倍と計算できました。一方、この銀河の明るさから見積もった重さは、太陽の約2億倍という結果になりました。大きい差があると思われますが、遠方の銀河の推測ですから、許容範囲です。ようするにダークマターが極端に少ない銀河が発見されたということです。
 

ダークマター

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月 9日(火)09時00分52秒
返信・引用
   銀河は星雲とも言われます。我々は天の川銀河の中にいます。この銀河のお隣にアンドロメダ銀河があります。この銀河の星々の回転速度を調べると、中心から近くても遠くても同じ速度で動いていることがわかりました。これは星々の重さだけでは説明できない現象です。遠いほど遅くなるのは遠心力で飛び出さないために普通だからです。同じ速度で回転するのは、星々の重量を凌駕する目に見えない重力があって、同じ速度にしているからです。星の重さの数倍の重さのダークマターが存在しなければありえないことなのです。
 

四季を持つ惑星

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月 6日(土)06時20分13秒
返信・引用
  四季を持つ惑星
地球から16光年の位置に「グリーゼ832c」と言う惑星があります。地球の5.4倍の重さがあります。太陽にあたるグリーゼ832から受けるエネルギーは地球が太陽から受けるエネルギーとほぼ同じで、大気を持ち地球とほぼ同じ気温だと思われています。「ハビタブルゾーン」(生命居住可能領域)にある惑星ですから、液体の水があるかも知れません。わくわくしますね。
https://matome.naver.jp/odai/2150865834791520301
 

愛と喜びの彗星

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 6月 3日(水)08時43分48秒
返信・引用
  愛と喜びの彗星
2007年に、ラヴジョイ彗星が発見され、2011年のクリスマスに南半球で良く見え
ました。
NASAとパリ天文台は噴出するガスを観測し、ここにアルコールと糖分が含まれていることを発見しました。液体に換算すると、地球の人全員が飲める量でした。最盛期には一秒間でビール瓶1500本のアルコールと糖分を噴出していました。まさに、 愛と喜びの言う名の通りでした。
 

大宇宙へ

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 5月31日(日)21時03分48秒
返信・引用
   最近時々思うのです。コロナウイルスはまさしく私を殺すためにやって来たと思うのです。気管支や肺が弱い、脳血栓の前歴があり、高血圧、高脂血症であること、先ず感染し発病すれば喜寿のこの身は耐えきれません。
 亡くなって焼場に置かれて焼かれる際、炎が四方から来るのでしょう。棺桶の中は熱くなります。エネルギーが満ちます。この時空間だけが飛び出します。魂も一緒にです。お骨は残るのでしょう。
 いざ、大宇宙へ乗り出すのです。!!
 

地球の重さ

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 5月30日(土)06時27分51秒
返信・引用
  地球の重さ
 地球の地下から湧いてくるヘリュームガスは軽いので毎年10万トンほど宇宙に漏れ出しています。
 逆に約5万トンの流れ星が地球に降り注いでいます。差し引き5万トンづつ軽くなっています。
 それでは、地球はなくなってしまうかと言うと、減少分は毎年10京分の1ですから、その前に太陽の光が強くなって10億年後には熱くなって住めなくなるので、人類が地球上にいる間は大丈夫です。
地球をブラックホールにすると、半径1cmの球になります。手の上に載せようとしたら、手から全身が吸い込まれます。要注意です。
 

宇宙初期の予想外の巨大炭素ガス雲

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 5月27日(水)08時49分50秒
返信・引用
  宇宙初期の予想外の巨大炭素ガス雲
 日本が建設した南米チリの標高5000mの高地で宇宙に挑む電波望遠鏡ALMA(アルマ)で観測した18個の銀河の炭素ガスのデータを重ね合わせ(赤色で表示)、ハッブル宇宙望遠鏡による銀河の星の分布画像(青色で表示)と合成した画像。
 画像全体の視野は7万光年×7万光年です。炭素ガスが星の分布よりも大きく外側まで広がっていることがわかります。
 宇宙誕生後およそ10億年の時代にある銀河の周囲に、半径約3万光年におよぶ巨大な炭素ガス雲があることを世界で初めて発見しました。
 炭素は、宇宙がビッグバンによって誕生した時には存在しておらず、星の中の核融合反応によって作られ、星の最期である超新星爆発によって星の外に放出されたものです。
 

リング

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 5月25日(月)10時14分30秒
返信・引用
     リング
 木星は土星を見て自分にもリングが欲しいと思っていましたが、薄い3つのリングがあることがわかりました。木星が地球に小惑星などを投げつけてくると言われますが、また地球の恐竜を絶滅させるような大きい隕石をここ10年で5個も防いで引っ張り込んでくれています。地球にとってかけがえのない木星です。
 木星は強烈な放射線を出しており、探査船が近づけば壊れてしまうので、遠い所からしか観測できません。従って詳細をなかなか探査できません。
 木星の写真をご覧になったことがおありでしょう。横縞模様があります。これは緯度によって東風、西風と交互に吹いており、それが見えているのです。
 関ヶ原の頃活躍したガリレオガリレイは自作の望遠鏡で木星の衛星を4つ発見しました。文献では、古代中国の天文学者の甘徳が紀元前362年に肉眼で木星の衛星を観察したされています。昔は視力が桁違いに良かったのでしょう。
 

メール途絶

 投稿者:神奈備  投稿日:2020年 3月20日(金)19時59分7秒
返信・引用
   普段のメールアドレスの旭ネットのメールがここ3ヶ日全然るながりません。
 御用の方は kamnavivacation@yahoo.co.jp  にお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/35