teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:蝦夷抗戦

 投稿者:より  投稿日:2017年11月21日(火)14時33分45秒
返信・引用
  > No.1854[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

話題が膨らんで「蝦夷」が登場しました。

実は、蝦夷時代の軍港。
香取神宮と鹿島神宮

に酷似している鎮座地の配置があります。

ご案内した「韓国宇豆峯神社」と「剣神社」

香取神宮と鹿島神宮
この2社は、蝦夷抗戦時の軍事の重要な寄港地となった処。
ご祭神は「軍神」と云われる由縁だが、、

蝦夷抗戦と同じく「熊襲抗戦」の激戦地
ここに「軍神」を祭祀する神社を勧請して鎮護する。。
頷けます。

これらは一応、韓国宇豆峯神社の考察に。

☆剣神社
☆韓国宇豆峯神社
☆宇豆峯遠景

http://yorihime3.net/jisya/uzumine.html

 
 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月21日(火)11時52分40秒
返信・引用
  > No.1853[元記事へ]

よりさんへのお返事です。


> それは勘違いでは?
> 向こうの鎮座創建年とはずれます。当地の方が早い。

あ! そうですね。失礼いたしました。

 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:より  投稿日:2017年11月21日(火)10時27分32秒
返信・引用
  > No.1852[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

盛り上げて頂いてありがとうございます。

>
> 蝦夷の鎮圧が目的の神を大隅に勧請して鎮火の神として祀る。
>
> どうにも合点がしにくい所、例えば岩木山神社の場合には鎮火の祭りも行われていて、祭神は宇都志国玉命すなわち大穴持神、これの勧請の方が理解しやすいところです。

それは勘違いでは?
向こうの鎮座創建年とはずれます。当地の方が早い。

実際、続日本紀で
当地に「大穴持神」が勧請・鎮座された頃は
東北では蝦夷の抗戦があって、捕虜として福岡の太宰府預けとなってます。
もし日向へ配流され当地へきたのであれば
まんざらでも。
只、年代的には、、、

===>>考察をご覧ください。

http://yorihime3.net/jisya/onanji.html

 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月21日(火)10時00分50秒
返信・引用
  > No.1851[元記事へ]

Yoriさんへのお返事です。

蝦夷の鎮圧が目的の神を大隅に勧請して鎮火の神として祀る。

どうにも合点がしにくい所、例えば岩木山神社の場合には鎮火の祭りも行われていて、祭神は宇都志国玉命すなわち大穴持神、これの勧請の方が理解しやすいところです。
 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:Yori  投稿日:2017年11月21日(火)02時17分48秒
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。

> よりさんへのお返事です。
>
>  桜島の噴火を鎮める神として大穴持神が津軽から勧請されたということでしょうか。津軽は岩木山などの火山があり、噴火の度に勧請されてきていると記憶しています。


私のページをご覧ください

http://yorihime3.net/jisya/onanji.html

 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月20日(月)20時25分6秒
返信・引用
  > No.1849[元記事へ]

よりさんへのお返事です。

 桜島の噴火を鎮める神として大穴持神が津軽から勧請されたということでしょうか。津軽は岩木山などの火山があり、噴火の度に勧請されてきていると記憶しています。
 

Re: 大穴持神社と蝮

 投稿者:より  投稿日:2017年11月17日(金)08時01分36秒
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。

> 鹿児島県神社庁の大穴持神社の由緒に、大穴持神が「蝮に咬みつかれた」とあります。大穴持神の終焉の地ということでしょうか。
>

国分諸古記の引用となってますが
その出自を見出していません。
大穴持神、津軽から勧請の伝承については
リンクのページで考察しています。

==>>初期の島津氏は、この津軽や岩手、金沢辺りも知行していたようです。
それらを冠しているので何かなと?
詳細は未精査です。
島津国史も全巻手元にありますので、のんびり紐解きたいと。

「蝮蛇(まむし)」に関しては
座右の書 三国名勝図会 に記載があります。

マムシ除け祭事は、各地で散見されます。
往古、海浜の沼地や山間部の湿地帯に鎮座する神社に多いです。

実際、昭和30年代は、よく蝮を見かけました。
当地の湯治場でも「蝮にかまれた」と治癒に日参される方も。

最近の宅地造成で、様変わりして面影はありません。

続日本紀によると、
火山噴火で海に島が出現しましたが
その鎮護として「大穴持神」を勧請しています。
火山の影響で、海浜の各地で火山性のガスが噴出し
海浜の沼地や山間部の湿地帯の蝮が姿を消し
「大穴持神」のご加護と崇拝されたのでは
と推察します。

☆延喜式に登場する古社「大穴持神社」
当地では、唯一、勧請由緒、創建年が公文書で確認できるお杜です。

http://yorihime3.net/jisya/onanji.html

 

Re: 住吉のお田植え祭り

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月16日(木)11時43分59秒
返信・引用
  > No.1847[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

鹿児島県神社庁の大穴持神社の由緒に、大穴持神が「蝮に咬みつかれた」とあります。大穴持神の終焉の地ということでしょうか。
 

Re: 住吉のお田植え祭り

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月12日(日)10時53分15秒
返信・引用
  > No.1846[元記事へ]

神奈備さんへのお返事です。

>  大阪で紅葉といえば箕面、勝尾寺あたりです。温泉もあるようで、何も考えずにのんびりしたいものです。残念ながら、そのような性分に恵まれず、いつも何かを探していないと落ち着かない気分に追い込まれます。悟りに遠いということでしょうか。
>
昔、東京から京都に新幹線通勤してた頃
ちょっと息抜きに奈良の長谷寺に。
参拝して知ったのですが
駅前は温泉街でした。
駆け足参拝で横目で睨みながら帰途に。
在京の住所に、暫く毎年お便りを頂いて
感激したのを懐かしく思い出しています。
残念ながら神社参拝では返礼はありませんが。

これからは、温泉もからめて
ゆったり旅もいいかなと。。
(今夏も軽い脳梗塞で入院してました)
元気なのはお口だけでしょうか。。

ページ更新も
昔は1日かからなかったのに
今は数日かかり。。

史跡探訪範囲も狭まってきたこの頃です。




http://yorihime3.net/

 

Re: 住吉のお田植え祭り

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月11日(土)19時21分25秒
返信・引用
  > No.1845[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

 大阪で紅葉といえば箕面、勝尾寺あたりです。温泉もあるようで、何も考えずにのんびりしたいものです。残念ながら、そのような性分に恵まれず、いつも何かを探していないと落ち着かない気分に追い込まれます。悟りに遠いということでしょうか。

https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0727e13092/
 

Re: 住吉のお田植え祭り

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月11日(土)17時31分57秒
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。


>  住吉大社の御田植神事は神功皇后が田を造り、田植えをさせたのを由緒としているようです。写真の早乙女が並んでいるその向こう南側になりますが、履中即位にとって代わろうとした住吉仲皇子を祀る丸山大明神が街角にひっそりと鎮座しています。
>
> 是非お越しください。

暖かくなって元気ならお伺いしたいものです。
神社、古刹、熊野古道や応仁の乱戦跡、、う~山ほどあります。

ヤングの頃ならテント持参ですが、、
さてさて、、

霧島の新燃岳が沈静化して火山警戒地域が縮小され
高千穂の峯にも登り易くなりました。

これからは、勤王の志士、坂本龍馬が新婚旅行で訪れた
塩浸温泉辺りの渓谷の紅葉観賞です。
たまにはゆっくり紅葉を愛でながら露天風呂にでも。。

 

古書

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月 8日(水)12時23分38秒
返信・引用
  このところ一昔前のページを見直しています。
再発見があったりで、ちょっとワクワク。
そこで、当時図書館で閲覧した古書を
古本屋やネットオークションから
数冊購入しました。


ページ作成時はとても高額、
入手困難で諦めてましたが
今の時期なぜか格安でした。
再度読み直して励みたいと
思います。

影の声:
目が遠くなって、図書館での閲覧が
しんどくなりつつあります。。
カシオの電子漢字辞書片手に
なんとか読んでます。
手書き入力で時々外れますが
それでも初期の頃からは
数段の進歩でしょうか。

☆歴史探訪の発点
氏神様の稲荷神社(旧妙現社・平家物語青葉の笛)

http://yorihime3.net/jisya/inari.html

 

Re: 住吉のお田植え祭り

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月 8日(水)11時43分34秒
返信・引用
  > No.1842[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

 住吉大社の御田植神事は神功皇后が田を造り、田植えをさせたのを由緒としているようです。写真の早乙女が並んでいるその向こう南側になりますが、履中即位にとって代わろうとした住吉仲皇子を祀る丸山大明神が街角にひっそりと鎮座しています。

是非お越しください。
 

住吉のお田植え祭り

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月 6日(月)12時39分17秒
返信・引用
  枕草子にも登場しますが
古式ゆかしい所作もあって
一回は見物したいものです。
初心に戻って、一昔前のページを
見直しています。

http://yorihime3.net/tankan/iroiro.html

 

Re: 夜神楽

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月 3日(金)22時03分49秒
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。


>
>  夜は神の世界と言われ、本来、神祭の行事も夜に行われて来ました。それにしても、夜神楽は宮崎県に多くのこっているようです。やはり天孫降臨の地と言う意識が濃いのでしょうか。

南九州の場合「神舞(かんめ)」と呼んでいます。
夜神楽で夕方から夜明けまで33番舞うところもめっきり少なくなりました。

神楽も「伊勢神楽」と「出雲神楽」があるのを暫くしてから知りました。
鹿児島の場合、「出雲神楽」系統が多いようです。
南北朝動乱時に伝承された中央の伊勢神楽は、宮崎の山間部辺りまでです。

春の祭礼の「田の神祭り(たんかんさ~)」で舞われる
「田の神舞」もこの33番の中から派生したものです。
古来は隼人を祀る舞もあったとか。
一部「大光神舞」に見ることが出来るそうです。
私はこの辺りは余り詳しくはありません。



http://yorihime3.net/mado/nanbokucho.html

 

Re: 夜神楽

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年11月 3日(金)13時16分39秒
返信・引用
  > No.1839[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

 夜は神の世界と言われ、本来、神祭の行事も夜に行われて来ました。それにしても、夜神楽は宮崎県に多くのこっているようです。やはり天孫降臨の地と言う意識が濃いのでしょうか。
 

夜神楽

 投稿者:yori  投稿日:2017年11月 1日(水)11時53分46秒
返信・引用
  11月になりました。
九州では、いよいよ「夜神楽」が
始まります。
来年の2月迄、持ち回りであちこちで
見物出来ます。。
以前、連泊で宮崎の山間部へ出かけました。
今はその元気はありませんが。。
どこか出かけたいと願っています。

☆伊佐市湯尾:11/23:湯之尾神社の秋祭り「夜神楽」
朝は「お浜下り」があります。

http://yorihime3.net/jisya/yunoo.html

 

台風被害お見舞い

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月23日(月)11時28分23秒
返信・引用
  台風21号はかつてない大型でした。
また和歌山では被害がでたようですね。
お見舞い申し上げます。

紅葉シーズン、各地の状況はどうでしょうか。

http://yorihime3.net/

 

Re: 秩父神社神楽:蛭子座

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月12日(木)05時12分12秒
返信・引用
  神奈備さんへのお返事です。

> yoriさんへのお返事です。
>
> 島津藩と諏訪神社
>  拝読いたしました。すごい調査力に感嘆しました。


おはようございます。
神奈備さんの頁をお手本に、
謎解きを追いかけています。

明治初期になって、
「諏訪神社では可笑しいだろう」
と当時の有力者によって「南方」に改称させられています。
現在は、混在して鎮座されてます。
2000年の調査当時、混乱しました。

==>>誰が? 未調査ですが。


先日、また新燃岳が噴火して、登山できなくなって残念です。
八代将軍・吉宗の頃は、毎年、霧島の山々が噴火しています。
旱魃らの飢饉が全国的に多発しています。
===>>青木昆陽、サツマイモ栽培 もこの頃

新燃岳の北方斜面から矢嶽側にかけ、
この頃の火砕流の痕があります。
樹木がそのまま炭化して立ってるのです。
ちょっとした心霊スポットでした。

☆湯之元温泉鎮座の諏訪(南方)神社
鳥居が2基、上社、下社?

☆国分清水に鎮座の南方神社(清水城の鎮護)
後方が清水城、宣教師ザビエル謁見の地とか。。

☆新燃岳、みつばつつじのトンネル
五月の連休、ここを潜るのが楽しみでしたが。。


http://yorihime3.net/mado/shimazu_suwa.html

 

Re: 秩父神社神楽:蛭子座

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年10月11日(水)20時17分44秒
返信・引用
  > No.1835[元記事へ]

yoriさんへのお返事です。

島津藩と諏訪神社
 拝読いたしました。すごい調査力に感嘆しました。
 

Re: 秩父神社神楽:蛭子座

 投稿者:yori  投稿日:2017年10月 9日(月)04時19分34秒
返信・引用
  > No.1826[元記事へ]

言蛇さんへのお返事です。

> よりさんへのお返事です。
>
> はじめましてこんにちわ?
> お返事遅れて申し訳ありません、今の季節、金星が輝いて奇麗ですね。
>
> 写真は今年の秩父夜祭で演じられた神楽の一幕で蛭子座という演目です。
>
> 「夕星の 通ふ天道を いつまでか
>        仰ぎて待たむ 月人壮士(万葉集2010)」
>
>
>

久々にお伺いしましたら、御返事頂いておりました。
お礼が遅くなって恐縮です。

今年の鹿児島神宮の十五夜はこの4日でした。
午前中の神事に。。

また、この15日は小浜下りです。

>諏訪大社と八幡神

両方とも「鎌倉武士団」が信奉していたようです。
島津藩の祖、忠久の初期の知行地はこの諏訪地方です。

東北の合戦出陣に戦勝祈願 をして武勲を揚げています。
以降、薩摩へ下向して、各地に「諏訪大社」を勧請しています。
詳細はリンクをどうぞ。

☆鹿児島市の諏訪神社

☆霧島市の諏訪神社

☆宮崎・都城市の諏訪神社

http://yorihime3.net/mado/shimazu_suwa.html

 

そろそろ不比等に振り回されるのはやめませんか

 投稿者:籠の鳥  投稿日:2017年10月 2日(月)23時01分37秒
返信・引用
  そろそろ何時までも怨恨の古代人の藤原不比等による難波吉士・五十狭茅宿禰将軍系譜は渡来人、新羅官位由来という捏造の呪縛から解放されて、多氏古事記とは何か、古代史に日本の根幹に関わる重要な何があったのか、真実を見直しませんか。

「稲荷山鉄剣銘」が明かすワニノ臣(後の春日臣)の実像(7) 日本古代史の謎シリーズ 102 稲荷山鉄剣銘 5代タサキワケ ナミオのブログ
http://ameblo.jp/egami-namio/entry-12074278240.html

孝元天皇・開化天皇(古代史の復元)
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-19-1kougen.html

鍵を握る氏族 多氏 (2011年06月02日発行) | 飛鳥昭雄研究室 - メルマ!
http://melma.com/backnumber_190273_5199518/

多氏族概観
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keihu/sizokugairan/oho1g.htm

中大兄皇子(天智天皇)は百済皇子・翹岐、藤原鎌足は百済大佐 平・智積であることの考証―5 やすらぎ治療日記
https://ameblo.jp/miura-hari/entry-11941447111.html

天皇になった百済の王子達(3) - 白村江の戦い -
http://www.asiacenews.com/news/articleView.html?idxno=699

日本書紀・欽明天皇の段の「百済」と「新羅」は入れ替えられている | 千三百年の間、藤原氏に消されてきた伯耆国(鳥取県中西部)の真実の歴史が今よみがえる
http://plaza.rakuten.co.jp/kodaisi/diary/201610250000/

中大兄皇子(天智天皇)は百済皇子・翹岐、藤原鎌足は百済大佐平・智積であることの考証 ...
https:https://ameblo.jp/miura-hari/entry-11941926837.html

 

権力は腐敗する

 投稿者:神奈備  投稿日:2017年 6月13日(火)17時13分17秒
返信・引用
   英国のアクトン卿(Lord Acton)は100年以上前に「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」と喝破しました。
 残念ながら、今日の内閣の中枢に、この言葉が見事に命中しているように思います。
 

Re: 桃の節句(平成28年)

 投稿者:神奈備  投稿日:2016年12月27日(火)20時49分7秒
返信・引用
  > No.1831[元記事へ]

言蛇さんへのお返事です。


> 八幡宮と諏訪大社になにか所縁があるのでしょうか?

 承知いたしておりませんが、元寇の折、二神とも、日本軍への手助けに駆けつけていたと思います。
 

Re: 桃の節句(平成28年)

 投稿者:言蛇  投稿日:2016年12月23日(金)01時26分56秒
返信・引用 編集済
  > No.1828[元記事へ]

神奈備さまへのお返事です。

> >
>  真田丸のあった場所には今は明星高校が建っており、マリア様が生徒を見つめて今s。その少し南側に 鎌八幡 があります。幸村が高野山のふもとからその信仰を持って行ったものと思われます。
>
>  石川県にも。鎌宮があり、木に鎌を打ちこんでいます、それも枯れるところまで。
>

今年は諏訪大社の御柱祭りがあり、諏訪大社の傍には吉良義央公の首が眠っています。
八幡宮と諏訪大社になにか所縁があるのでしょうか?

#今年の御柱祭りの様子は後日上げます、さすがに今年は諏訪大社の使いが記事を上げると思っていたもので(ため息・・・)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kotohebi/

 

祝日のお裾分けです

 投稿者:言蛇  投稿日:2016年12月23日(金)01時03分42秒
返信・引用 編集済
  「松浦川 川の瀬早み 紅の 裳の裾濡れて 鮎か釣るらむ(万葉集0861)」

この年末はこちらっでゆっくりできそうと思っていたのですが、しがらみが増え
ると耳敏い人も増えているものですね(汗
関西について質問したいことが結構できているのですが編集が追いつきません・・

さて、今日は特別な祝日なのでお供え物のお裾分けにきました。
うちのお姫様に唆されて「鮎のバター揚げ(琵琶湖の子持ち鮎です)」を試しに
作ってみたのです。ただの塩焼きと比べると婦人・子供向けの柔らかい風味に変
わって新鮮でした。

鮎といえば神功皇后の鮎占いがこちらでは著名ですが、鮎釣りのどういう部分を
占ったのでしょうね?
味?皮の色?それとも釣れた数??

#言蛇はチャーハン以外も自炊しますよ、念のため(^^;

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kotohebi/

 

平成28年忠人蔵義士祭り

 投稿者:言蛇  投稿日:2016年12月22日(木)23時58分5秒
返信・引用
  「十月 時雨の常か 我が背子が 宿の黄葉 散りぬべく見ゆ(万葉集4259)」

 神奈備さまこんばんわ、大阪所縁の近松門左衛門作「忠臣蔵」の季節。
今年も無事泉岳寺に吉良公の首が届きましたので取り急ぎ報告しておきます。


「雨雲は 今宵の空にかかれども 晴れゆくままに 出づる月かげ(吉良義央)」
「炭月に 天馬嘶き 凍る空 夕暮れ包む 君の名は(言蛇)」
https://www.youtube.com/watch?v=nWfwwe-3bnA
 

Re: 桃の節句(平成28年)

 投稿者:神奈備  投稿日:2016年12月 9日(金)14時01分44秒
返信・引用
  > No.1827[元記事へ]

言蛇さんへのお返事です。

)」
>
> 神奈備さま、こんばんは。
> 大河ドラマの真田丸は取り壊されてしまいましたが、大阪の人達が命の中に
> 築いた真田丸は今も健在です。
> 本当の闘いはこれからですね
>
 真田丸のあった場所には今は明星高校が建っており、マリア様が生徒を見つめて今s。その少し南側に 鎌八幡 があります。幸村が高野山のふもとからその信仰を持って行ったものと思われます。

 石川県にも。鎌宮があり、木に鎌を打ちこんでいます、それも枯れるところまで。

 

Re: 桃の節句(平成28年)

 投稿者:言蛇  投稿日:2016年12月 9日(金)00時26分33秒
返信・引用
  > No.1817[元記事へ]

「奥山の 八つ峰の 椿つばらかに
       今日は暮らさね 大夫の伴(万葉集4152)」

神奈備さま、こんばんは。
大河ドラマの真田丸は取り壊されてしまいましたが、大阪の人達が命の中に
築いた真田丸は今も健在です。
本当の闘いはこれからですね

>
>  こんばんは。
>  椿は霊位の高いサカキだそうです。
>  サルタヒコを祀る神社の名に椿大神社があります。
>

伊勢の国の一の宮にして、アメリカに進出している神社としてよーく存じています。
椿油は女性の命ともいえる髪の整髪料として古来より使われてきました。神奈備さま
は髪を整えるのになにか使われていますか?

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kotohebi/

 

秩父神社神楽:蛭子座

 投稿者:言蛇  投稿日:2016年12月 8日(木)23時28分8秒
返信・引用
  > No.1819[元記事へ]

よりさんへのお返事です。

はじめましてこんにちわ?
お返事遅れて申し訳ありません、今の季節、金星が輝いて奇麗ですね。

写真は今年の秩父夜祭で演じられた神楽の一幕で蛭子座という演目です。

「夕星の 通ふ天道を いつまでか
       仰ぎて待たむ 月人壮士(万葉集2010)」


 

レンタル掲示板
/32